商品の把握と販売店舗の把握


【商品の把握】
その商品の魅力を「具体的な言葉にして説明出来る」ことを指します。お客さまに「この商品の魅力は何ですか?」と聞かれたときに、「この商品の魅力は、地場の作物を使って糖分を控えめに、高温度で焼き上げて作った事です。」とスムーズに言葉が出るのか、が重要になります。
飲食に限らず、あらゆるサービスには「そのサービスをお客さまに提供する理由」が存在していると思います。しかし、サービス提供開始時に思い描いていたものと、違う理由で支持されたり、または変更を余儀なくされたりする事も多々あるかと思います。そういったサービスを見つめ直し、改めて言葉にする事で、新しい顧客へのアピールを、明確にすることが大切です。

【販売店舗の把握】
実際に販売をしているお店がどのようなお店なのか。新規で来店されるお客さまにとって、非常に重要な事柄です。これは店の見た目の話ではありません。
「散歩の途中に偶然目に入って、かわいいお店だから来店しました」
そんなご新規さんは、月間何人くらいいらっしゃるでしょうか。おそらく1人いるかいないか、だと思います。
ここ10年に関して言えば「ネットで検索して、ヒットしたので来ました」が、かなりの人数を占めるかと思います。そういったお客さまが「来店」するきっかけは、商品の魅力と同時に「お店がどんな雰囲気なのか」が写真などで明確にわかる事です。昔は来店するまで「お店の雰囲気」は全く分からないものでした。しかし現在ではホームページを通じて「お店の雰囲気」だけでなく、「スタッフ」や「サービス内容」まで分かる事が最低限必須な項目になっています。
店舗の把握は、そういった「お店の雰囲気」を伝えることです。それには、写真に加え社長さんやスタッフさんの「生の声」などをしっかりとホームページに掲載する事、またFacebook等のSNSを使って、定期的にその雰囲気を情報として伝えることが重要になります。

お問い合わせ