公式サイトの衛星的な役割を担うSNS

公式サイトの運営がスムーズに行くようになると、それ以外の方法での新規顧客誘導もスムーズに行くようになります。その代表格がSNSです。

Facebookやってるから公式サイトは必要ない、と思われている方がたまにいらっしゃいますが、Facebookやtwitterを始めとするSNSは、通常の検索とは全く違うルートで情報が広がっていきます。通常のホームページでの情報は全体に向けて「うちのサービスはこうです」と自発的な発信がされていますが、SNSでは「と、友達が言っています」といった形での情報伝達になります。言うなれば「口コミの視覚化」がSNSなのです。
SNSは「友達の友達、そのまた友達の…」という形でコミュニティ形成がされていきます。検索エンジンが自発的にキーワードを打ち込んで検索される事とは全く別に、「友達が面白いと言っていた」や「友達の友達がおすすめしてきた」という形の、言うなれば「非常に信憑性の高い口コミ」をコミュニティの中で聞く事になります。この部分が「SNSで集客出来る」と評価されています。
しかし、現実にそう行った形で来店されるお客さまは、ある程度の人数で頭打ちになります。どれだけ信憑性が高いと言っても、コミュニティの人数が無限に存在するわけではありませんし、増減も繰り返されるでしょう。コミュニティの中での流行も存在します。たくさんのコミュニティの中で、会社さんお店さんが絶えず注目の的であり続けるのは至難の業だと思います。では、どういった活用方法が良いのでしょうか。

それは「衛星」的な役割でSNSを活用する事です。第一に公式サイトがあるわけですから、情報の発信をネット全体に向けて発信出来ます。自発的に検索をしてくる方は、この方法で情報を受信してくれます。SNSでは、会社さんお店さんが中心となったコミュニティを作る事で「常連さん周辺」へ新情報をお届けする事がスムーズに出来るようになります。Facebookなら「お店のページ」や「Business」などを利用する方が良いでしょう。SNSは言い方は悪いですが「囲い込み」です。会社さん・お店さんのファンになって下さったお客さまへの、サービスの一つと捉える方が現実的かと思います。

お問い合わせ