SEO対策はしているのか?

マップその他の登録が終わっても、それでも検索で上位に表示されない。
それは「SEO対策」が出来ていないからではないでしょうか。
SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、
直訳すると「検索エンジン最適化」となります。

「検索エンジンが、検索した言葉に対して最適なページを表示する」という機能を考えて、検索エンジンが認識しやすく、評価されるページ作りをする、という事です。この作り方を間違えていると、検索されたときにまず上位に表示されることはありません。

どのようなページが検索エンジンに評価されるのでしょうか。
現状国内では、ほぼ独占状態にある検索エンジン「Google」は、

「ホームページの内容」と「被リンク」を二本柱に数百以上の評価基準

を持っていると公式に発表しています。

「ホームページの内容」に関しては、例えば会社の所在・連絡先・販売している商品やサービス、そういった内容のものが、本当に存在しているのか。またそれらが正確に書かれているのか、と言った事を基本にしています。
「ホームページ制作の前に」で、細かい打ち合わせが絶対に必要とさせて頂いている理由は、ここにあります。会社さん・お店さんの現状のホームページがどういった評価を検索エンジンから受けているのか。どこを修正することで評価されるページになっていくのか。それには、濃い打ち合わせによって「その会社さん・お店さんにふさわしい言葉」を見つけだしていく必要があるからです。

「被リンク」とは、そのホームページを別のサイトで紹介などをするときに、「このページのお店だよ」という形でリンクを貼ります。その数と質が評価対象になります。なぜ「質」と書いたかと言うと、大量の被リンクを販売します、という業者が増えたため、Googleがチェックに乗り出したためです。いずれにせよ数に関しては多ければ多いほど良い、という考え方は古いやりかたなので、たかなすびでは推奨していません。
その他、数百に及ぶ評価基準とは言っていますが、実際は恐らくもっと多いでしょう。さらにその評価基準は、数週間単位で修正が加わっていきます。検索結果は、結構な頻度で上下を繰り返すもの、と思っていた方が良いでしょう。

Googleで「ケーキ」や「土産」などで検索すると、まず検索した場所に近いマップが表示されてその中にいくつかケーキ屋さんやお土産屋さんが表示されます。どこで検索をかけたのか、は回線の信号からある程度場所が絞られるため、その近辺が表示されています。その下に、ズラリと並ぶのは有料広告枠だったり、または「ランキングサイト」や「有料のポータルサイト」になります。
その下辺りにようやく、一般のお店の公式サイトが並ぶ事になります。ランキングサイトやポータルサイトは、内容が変動することはそう多くありません。そのため、新規出店や隠れた名店を探すお客さまは、この辺りからスタートして各ホームページをチェックしていきます。また検索慣れしているお客さまは、そこで上位にある会社さん・お店さんが「その地域で本当に評価されている有力な会社・お店」という事を知っています。そのため、ここでお客さまの目に入るかどうかが重要です。

では、具体的にはどうやって検索で上位に来るようにするのでしょうか。いわゆるホームページ制作会社さんは「メタタグ入れれば大丈夫ですよ」とおっしゃる事が多いでしょう。もちろん、ページの中で「検索されるキーワードとして、検索エンジンに伝える」役を担っているのが「メタタグ」という文なので、それは間違いではありません。しかしそれは、やっていて当たり前の事なのです。同業者だけでなく、国内、世界中の会社さん・お店さんのホームページには「メタタグ」が埋め込まれています。これでは、差別化が出来ません。ではメタタグ以外で、検索エンジンはどのように順位付けをしているのでしょうか。

それは「ページの中に入っている文字の比率」が大いに関係します。

例えばケーキ屋さんのホームページに「ガソリン」「洗車」という言葉が大量に入っていたらどうなるでしょうか。いくらトップに「洋菓子店」という画像を貼っていても、検索エンジンは「ガソリンスタンド」と認識するでしょう。
そこまで大幅な違いでなくとも「砂糖は和三盆」「本葛を用いて」などが大量にあった場合は、和菓子で検索した方が上位に来る、という事もあるかも知れません。
もちろん、それでお客さまの来店につながるなら問題ありませんが「ガソリンスタンド」 のように明らかに違う業種で表示されると、会社さん・お店さんは困ったことになるでしょう。お客さまにとっても検索エンジンにとっても、正確に書いてあるという事は、とても重要な事です。

「ケーキ」や「土産」などは、SEO業界では「ビッグキーワード」と呼ばれています。ビッグキーワードは、1億件を超える件数が表示されるような言葉で、この中で上位を獲得するのは非常に難しい、とされるものです。
そのため「地域の中で上位に来る事」や「独自色を打ち出す」事で検索されやすい言葉を探すことが重要になります。そして、何も一語で上位を狙う必要はありません。「ケーキ 静岡」や「ケーキ モンブラン」などの複数の言葉で検索される事の方が現実的には多いですし、具体的にお客さまのニーズを表しています。会社さんやお店さんのホームページが、その具体性にフィットするSEO対策をしていれば、非常に濃い見込みのお客さまが来店してくれる、という流れが作られていきます。

内容の濃い打ち合わせは、ホームページが集客装置として機能するかどうかの、最も重要な分かれ道です。たかなすびでは、この打ち合わせを最重要と位置づけておりますので、もしご依頼頂けた場合は、打ち合わせでのご協力を、心からお願い致します。

お問い合わせ